映画鑑賞「コーヒーが冷めないうちに」を見て

久しぶりの家での映画鑑賞。公開当時からとても気になっていた「コーヒーが冷めないうちに」という映画を見ました。有村架純さんが主演だったので見たかっただけだったのですが、映画のキャッチコピーの「4回泣けます」という言葉通り、4回泣けました。主人公が働くコーヒー店には、噂がありました。その店のある席に座ると、コーヒーが冷めるまで、その店に来たことがある人と過去で会えるというものでした。それは、亡くなった家族にも会えるのです。私は特に、薬師丸ひろ子さんと松重豊さんの話がとても好きで、ボロボロ泣きました。認知症になった奥さん(薬師丸ひろ子)と旦那と伝えずに介護をする旦那さん(松重豊)の切なくも強い夫婦愛に感動しました。忘れる恐怖、忘れられる恐怖、大好きなパートナーに忘れられることも、忘れることもどちらも辛いことだと気づかされました。しかし、真っすぐに向き合うことで忘れられてもまた新しい思い出を作り、楽しく過ごしていけるのだと思いました。原作は小説だそうで、読んでみたいと思いました。他の話もよい話ばかりなので、ぜひ見ていただきたいです。アイフル 問い合わせ